二刀流な働き方生活のブログ

好きな仕事をしていたのですが、コロナで厳しくなったこともあり、二刀流な働き方が必要な時代になってきました。そんな中で趣味をもちながらも働き方を見直すことによって生き生きとした生活ができるということをご提案していきます。

【観音寺市】一度は行く価値ありの金運スポットの行き方【寛永通宝】

以前香川県の最西端の観音寺市に行った時にどうしても行きたかった

銭形砂絵(寛永通宝)

歩いて行ったほうがとても達成感あったんです

なので車よりも徒歩で登ることをおすすめする理由をお話します

 

 

銭形砂絵(寛永通宝)ってなんですか

銭形砂絵は香川県観音寺市の有明浜にある江戸時代に造られた寛永通宝を模した巨大な砂絵

関東に住んでいて香川県といったら高松市のうどんとかしか興味がなかったりしていましたが

お金の小判があると聞いた途端に一度行ってみたいと思っていて出張で願いが叶ったんです

何でも一生お金に困らないと言われています

自転車しか足がないため歩いて登ることにしました

 

観音寺駅からの行き方

住所

〒768-0062 香川県観音寺市有明町14

 

駅から私の足で徒歩ですと25分はかかりました(タクシーとかですと7分くらいですかね)

自転車で15分くらいでした

すぐ近くには海があり、よく琴弾回廊に温泉に入りに行っていました

観光で行くならタクシーまたはバスがあります

バスは路線バスというのではなく、乗り合いバスらしいので、駅で聞いてから行先を運転手さんに伝えたらいいそうです

いろいろ試してみる価値ありそうです

 

どこに行けばいいのか

琴弾八幡宮というところです

まわりは琴弾公園があります

f:id:holoimua88:20210630110839j:plain

琴弾八幡宮の脇の道から登って行きます

琴弾回廊という日帰り温泉もあります

近くにかなくま餅福田店があり、その先になります

  

  関連記事 かなくま餅福田店の紹介記事あり

 

kaholoholo.com

 

歩いて15分かけて登りました

琴弾八幡宮から地図看板を参考にしてとにかくひたすら階段を歩きます

楽ではありません

ゴールはきれいな砂絵が見られるということで

途中急な坂道もありますが、休憩しながらとにかくゴールめざして登りました

途中もうあきらめようかとも思いましたが引き返すのは後悔しそうでしたから登った方が価値があると思いやっと登りました

 

歩いて登ったときの感想

  • 歩いて登ると景色をみながら登れる
  • 休憩しながら登れる(かなり高台なので自分のペースで)
  • 登った時の達成感がある
  • おすすめ時期は初夏や秋が良さそうですね
  • こんなにいい景色なので全国区に広げたい
  • 1人よりもお友達や家族などと一緒なら助けあいながらのぼれると思います

 

f:id:holoimua88:20210630111846j:plain

銭形砂絵(寛永通宝)  実際に展望台からの写真

世界のコイン館

一階にはお土産屋さんあります

外にはわかりやすく看板が立ってて3時とかになるとオルゴールがなって人形が飛び出すのでめだちます

f:id:holoimua88:20210630112424j:plain

寛永通宝のオルゴール

 

展望台に上った人の口コミ

  • 砂絵の先に沈む 夕陽が圧巻
  • 一夜にしてできた寛永通宝、階段を登ってよく見えました
  • 白砂青松の中に大きな寛永通宝が描かれていました、よく見えました
  • 一度は見るべし
  • 感動でした
  • 琴弾公園展望台がおすすめ
  • 工事中の見学通路、急な階段を登って良かった
  • ご利益、ご利益

     Yahoo メッセージから引用させていただきました

 

感想まとめ

一生に一度は行ってみる価値ある場所です

見ると一生お金に困らない、健康で長生き

寛永10年に藩主である生駒高俊公を歓迎するために一夜にして作られたと言われている

夜10時までライトアップ

車で展望台よりもいった人の口コミも階段で登った人の方が感想も感激もあったのです

おすすめは階段で登ってみることです

ぜひ今度はライトアップした寛永通宝をみたいです