二刀流な働き方生活のブログ

好きな仕事をしていたのですが、コロナで厳しくなったこともあり、二刀流な働き方が必要な時代になってきました。そんな中で趣味をもちながらも働き方を見直すことによって生き生きとした生活ができるということをご提案していきます。

【登録販売者】働き方はドラックストア【おすすめ勤務】

f:id:holoimua88:20210702064610p:plain

今まで登録販売者の働き方として氣付いたことがありました

一番最初に勤務したのがドラックストアでした

そこでドラックストアでのいい点と大変な点をまとめました

初心者はドラックストアがいい理由をお伝えします

 

 登録販売者の働き方がドラックストアで働くといい点

◎薬や健康食品が社販で買える

➡これは大きいです

働いているものの特権です

特に薬や健康食品は割引が大きいので安いときにまとめ買いしていました

 

◎販売したいもののカテゴリーが薬や食品でも健康食品がほとんど

➡食品やお酒類も販売している大型店舗は大変ですけどスタッフもたくさんいます

 

◎店長または薬剤師が常駐しているため、薬に関係することを直接聞くことができる

➡これは勉強になることもありました

 

◎ポイントカードなどの付加商品も関連していることが決まっている

➡レジ操作は段々改良されているので操作しやすくなっていました(最初は慣れるのに大変でした)

 

◎比較的自由にPOPづくりができる

➡決まり事はありますが、好きなようにお店づくりができた

 

登録販売者の働き方がドラックストアは大変な点

◎サービス業でもあるので、ポイントカードのおすすめや、毎月月間のコンテストがあり、販売と一緒におすすめしていくこと

➡プレッシャーはありました

ただ頑張ったら商品券やボーナスがもらえたことありました

 

◎休憩時間でも薬を求めるお客様には接客しなければならない

➡責任は大きくなります

 

◎店舗の開店閉店作業ができる

➡鍵を持たされるのでこれも責任は大きいです

 

 

初心者の働き方はドラックストアが安心

私も最初はドラックストアでの勤務でした

なぜいいかというと、毎日ワークスケジュールがあって、それに沿って働くので時間で区切っているのでとてもわかりやすかった

なので働きやすかったです

現在は登録販売者の試験に合格したら、研修中として働くので、店長や薬剤師が常駐していると安心です

 

以前の受験資格と現在の受験資格の場合の違い

受験するために必要なこと

  1. 以前の場合
  2. 現在

1以前の場合は

準備として

  • 一年間80時間以上の連続勤務証明が必要
  • 高校の卒業証明書
  • 願書、受験料

私の場合は最初の一年は80時間に満たない月があって受験することができませんでした

二年目でようやく受験することができました

 

2 現在は

誰でも受験可能

ぶっちゃけドラックストアで働いていなくても全然違う職種の人でも受験可能なんです

なのでチャンスは誰にでもあるということです

登録販売者の資格を取った後は、研修中として二年間は、管理者となっている登録販売者の下で働いていきます

毎月80時間以上は必要になってきます

 

 

登録販売者で働きたい希望があるなら

ある程度日数で勤務時間も最低週3日、7時間以上勤務できる方がいいと思います

または週4日、6時間以上可能な方がいいと思います

あとは時間帯や曜日によっては資格手当(微々たるものです)が変わるのです

時給制ですとプラスαになる

バリバリに働けるなら正社員というのもアリです

資格者の制服が支給されますので責任もでてきて緊張もします

しかし、一番は、いろんな方から頼られる存在になれることです

 

まとめ

登録販売者試験に受かったら働き方はドラックストア勤務がおすすめ

なぜかというと、働く環境がいい

店長や薬剤師が常駐しているので教えてもらえる

 

  

私も使用していた参考書

一問一答○✖式になっていてその都度問題集になっているので苦手なところはチェックできますね

レッドシートつきなので、大事なところは隠して覚えられる