二刀流な働き方生活のブログ

好きな仕事をしていたのですが、コロナで厳しくなったこともあり、二刀流な働き方が必要な時代になってきました。そんな中で趣味をもちながらも働き方を見直すことによって生き生きとした生活ができるということをご提案していきます。

【登録販売者】試験対策【少しでも過去問を安く手に入れる方法】

f:id:holoimua88:20210718150952p:plain

できたら登録販売者の試験を一回で合格したいですよね。

そんな方のために、私の実体験で、都庁の薬事担当の方に質問したことをお伝えします。

そして少しでも安く情報を手に入れる3つの方法をお伝えします。

 

過去問を安く手に入れる3つの方法

  1. 実際に薬事担当者に聞いてみる
  2. 中古ですが単行本で軽い参考書
  3. 登録販売者を受験しようか迷っている方のための一番安い本

 1 実際に薬事担当者に聞いてみる

実際に私が以前行った実体験をお伝えしたいと思います。

以外にも過去問が安く手に入るかもしれません。

それは、実際に受験した都道府県の薬事担当の部署に行って、聞いてみるのも情報がもらえることがあるからです。

私は東京都で受験しました。

合格発表後に、都庁で試験の正解表のコピーをさせてもらいに行ってきました。

その時に担当の方に質問してみました。

Q:試験結果の正解表をコピーさせてください。過去のものもコピーはできるのですか?
 A:過去3年間の問題はファイルにしてあるのでコピーをとってもいいですよ。
 
思い切って聞いてみるものです。
過去3年間の問題が手に入れば、受験する県の傾向と対策がわかったりプラスになることはあると思います。
しかもコピー代くらいで過去問が手に入れば参考書を買うより安いですよね。
私は正解表しかコピーしなかったけど、試験前ならコピーとっていたと思います。
(ただし、コロナ禍の時は、厳しいと思いますが、質問してみるだけでも、何か情報が得られるかもしれません。)
 
他にも安く手に入る方法をご紹介します。
 

2 中古ですが単行本で軽い参考書

 
できたら最新版がおすすめ。
あまり古い参考書ですと、第4章などは、法律関連の章ですし、薬でもスイッチOTCが変更改定されていることもあるので氣をつけましょう。
それ以外、問題集がついているのはどんどん数をこなしていくと自分の苦手なところがみえてくるので、そこを重点的に学習していけます。
 

3 登録販売者を受験しようか迷っている方のための一番安い本

Amazonを調べましたら、
登録販売者を受けようか迷っている方向けの第一歩として
『一発合格者から学ぶ』
 という本が 300円(税込) でありました。

 

 

 登録販売者になるために合格するための一番最初に読む本
Amazonで読み放題で読むこともできます。
 Kindle unlimited読み放題 で読むをクリック
 
 

まとめ

少しでも安く過去問を手に入れたかったら実際の試験を受ける都道府県の薬事担当課に行って、勇気がいりますが、情報を、可能なら得ることもおすすめです。
登録販売者の試験を受けたいと思ったら、一年前から準備することが理想です。
最低でも半年あればなんとかなりますが、計画的に学習していくといいでしょう。
 
最後までお読みいただき ありがとうございました。
ポチっと応援お願いします ブログランキング・にほんブログ村へ
 
 
 

 関連記事

kaholoholo.com

 

 

kaholoholo.com